1人通学の際に意識付けたい防犯の心得とは

最近、通学している最中にトラブルなど巻き込まれてしまうという悲しいニュースが増えてきています。集団登校をしている子どもであればまだ安心ではありますが、一人で通学をしなければいけないという地域に住んでいる子どもは通学中に何かあったらと思うと親御さんとしては毎日がとても不安になってしまいます。自分たちで毎日の送り迎えができるという環境であれば問題はありませんが、そのようにできる世帯は全国でも数少ない一部の過程となります。最近は共働きの家庭も増えていますので、別の視点から子どもを守れるようにしていかなければいけません。防犯グッズを持たせることはもちろん、さまざまな防犯の心得を子どもたちにしっかりと植え付けておくということが、一番大切なことと言えます。まずは家族でトラブルに巻き込まれないためにどうするべきか、ということをしっかりと話しておく必要があります。

通学時のトラブルように防犯グッズを持たせよう。

家族で防犯についての話をしっかりとしたうえで、防犯グッズを持たせるとより安心して通学をさせることができます。防犯グッズにはさまざまな種類があります。どれを持たせるべきか悩む方も多いでしょうが、一番大切なのは子どもが使いやすいデザインであるかどうかということです。どんなに良い防犯グッズであってもお使いやすいデザインでなければいざというときに使用できないままだったということが良くありうる話です。防犯グッズを選ぶ際には子どもと一緒に買いに行き使い勝手を子どもと確認するようにすると良いでしょう。また、取り付けられるタイプかどうかも大切です。自分の手がサッと届く、ランドセルにつけるタイプのもの、ベルトやスカートの紐などに取り付けられるといったものがおすすめと言えます。大人が感じる使いやすさと子どもの使い勝手の良さにはずれがありますので気を付けることが大切です。

防犯のために通学路の場所を覚える

防犯グッズを持たせても、それはあくまでも注意喚起にすぎません。いざというときに例えば、防犯ブザーを鳴らしてそのまま終わるということがあるかもしれませんので、その先の行動も考えておく必要があります。それは逃げ込む場所です。トラブルに巻き込まれたさいには防犯グッズを利用するとともに次の行動を考えます。通学路のどこに交番があるか、コンビニエンスストアや逃げ込めるお宅があるかどうかなど、通学する学校の通学路が分かったら子どもと一緒に歩いて確認することが大切です。もし何かあったらどこを通ってここに逃げ込むかなどシミュレーションをさせながら行うとより効果的と言えます。このように家族で防犯に対する意識を高めていき、情報を共有できるようにしておくことが、子どもをトラブルから守るために必要なことと言えるわけです。