防犯に効果的な通学経路の見つけ方

私たちが暮らす街並みは、刻々と変化しています。例えば、突然、空き地がコインパーキングになることや、商店が閉店し人の流れが途絶えてしまうこともあります。大切なお子さんの通学路においても環境は変化し、場合によっては安全性が低下したことで防犯上の問題を引き起すことがあります。そもそも通学路は、学校が生徒の安全確保のため指定したルートです。しかし、通学路は絶対に安心安全だとは言い難く、犯罪などに巻き込まれる可能性があります。お子さんを守る保護者としては、できる限り防犯リスクを取り除くよう、学校と協力して対応しなければなりません。通学路の危険箇所は、交通トラブルにつながる車の通行量が多いゾーンや、信号機の無い横断歩道、またお子さんがひとりの時には避けたい死角となる駐車場及び狭い路地です。加えて、建築資材置き場なども危ない場所です。まず現状の防犯リスクを掌握することが安全確保への近道と考えます。

お子さんと一緒に楽しく通学時の防犯対策レッスン

まず大切なことは、お子さんの通学路の状況や環境を正しく知ることと考えます。そのためには、通学路をお子さんと一緒に子供の目線で歩いてみましょう。実際に歩いてみると、目に見える危険と、潜在的な危険に気付きます。その際、いざという時に備え親子で防犯体験学習をします。レッスン内容は、知らない人に声をかけられたり、掴まれたりしたら防犯ブザーを鳴らし、コンビニやガソリンスタンドなど24時間営業している店舗に駆け込むことを約束、また空き地や駐車場は怖い場所として絶対に立寄らないことも現場に赴き諭します。そして、交通量の多いエリアの歩道を歩く時はできる限り車道から離れて歩くよう模範を示すと良いでしょう。自宅で禁止事項を羅列し指示するより、ご両親が率先してお子さんと一緒に通学路に出向き、防犯対策を学ぶ姿勢がお子さんの受止めを深め、真の通学路の防犯対策に結びつくと考えます。

安心安全な通学環境を構築すべく効果性の高い防犯対策

学校への通学路において、お子さんの身を守る防犯対策として効果性の高い取組みをご紹介します。基本対策として、集団登下校と近隣住民の協力を仰ぎながらの挨拶運動は必須となります。更に、学校や行政と協同しながら対応すべきは環境改善対策です。通学路の要所に防犯カメラを設置し、監視状態を告知、犯罪抑止に繋げます。また、通学路内の空き家や見通しを妨げている雑木林がある場合、その危険度に合せた対応を行政と協議します。お子さんや保護者自身が行なう防犯対策は、防犯ブザーを身に付け活用することです。ここ数年、スマートフォンの普及拡大により、お子さんにスマートフォンを携帯させることで位置情報の把握が期待できます。費用はかかりますが、民間警備会社の見守りサービスを利用すると帰宅確認や緊急対応が提供され、安心度が高まります。これら対策は一部であり、大切なのは危険の芽を早期発見し取り除くことです。