通学時に伝えるべき防犯ポイント

小さい頃はいつもお子様の近くについていらしたお母様も、やっと子供が入学する時期になってくれると、肩の荷がおりた思いの方も多いことでしょう。けれども保育園、幼稚園などについこの間までは、保護者のお迎えがあったお子様が、入学と同時に保護者の手を離れてひとりで通学をするとなると、今度は防犯上の心配をされている保護者の方も多いというのも事実です。通う道における学校や地域による当番制の見回りや、近場の子供達が集団登校をしたりと、様々な取り組みもなされている場合がありますが、それだけでは決して十分だとは言い切れません。そこでお子様がひとりで通学をするような年齢になった時には、通学時に伝えるべき防犯ポイントなども抑えて、ご家庭の中でも防犯対策を考えていくことは、大切なお子様を守る意味でとても大切なことでしょう。

通学の時の防犯を親子でしっかりと話し合いましょう

知らない人についていかないこと、信号はきちんと守ることなどの通学での基本的な防犯ルールは、親子できちんと抑えておくべきでしょう。また過去の例を見ていきますと、お子様が通学中に狙われやすいのは、やはり一人の時が多いです。できればお友達と一緒に登校や下校ができるようにさせた方が安心です。集団で登校できるグループが編成されているのであれば、お子様にも参加させるように親子で話し合っておきましょう。また自分が遅刻などをしてしまうと、朝の集団では行けなくなってしまいますので、お子様の生活リズムが乱れないように保護者は気をつけてあげましょう。学校で決められている正規の通学路以外を通らないことも必要で、特に人通りの少ない道は危ないことを、普段からもしっかりと言い聞かせておくのも重要です。

防犯グッズも利用しながら安全な通学にしていきましょう

お子様の通学時に安心できるような防犯グッズの利用を検討されている保護者も多いでしょう。またこのようなグッズを学校サイドがすでに推奨して導入しているケースもあります。使い方も小さなお子様が使いやすい物ですし、携帯しておくともしもの時には効果が発揮できて未然に防いでくれることが期待できます。そして何よりも保護者の方も安心できるので、ぜひお子様のいるご家庭では、ご検討されることをおすすめします。グッズとしてはいろいろなメーカーから出ていますが、一般的に馴染みのあるものには、防犯ブザーがあります。ランドセルやカバンにつけておくことができて、有事の時には紐やボタンを押すと大きな音が鳴り響いてくれるので、周りに異変があることを知らせてくれるブザーです。このようなグッズも併用しながら通学での安全を見守っていきましょう。