安心して通学する為におすすめの防犯

不審者によるお子さんの連れ去りは後を絶つことがありません。多くの保護者の方は、お子さんの通学時の防犯に関心を寄せています。学校からの帰りは、暗くなるまでに帰宅するようにとお子さんに言いたい親御さんも多いですが、お子さんの方としては遊び足りないと感じているかもしれません。通学路も必ずしも安全だとは言い切れない面もあります。塾や習い事に通っている場合は、早い時間に帰宅できないというケースも多いため、不安に思っている親御さんは多いことが予測されます。子供が不審者から声をかけられるのは通学路であることが多く、登校時間と下校時間にあたる午前8時台と午後3時から5時の間に集中しています。高学年の子供よりも低学年の子供の方が声掛けの対象になっていることが多いのが特徴です。

子供が声を掛けられる時のタイミングや特徴

さまざまな犯罪に発展する可能性を秘めている通学路での子供への声掛けは、子供が一人でいる時に行われることが多くなっています。複数の子供が一緒に行動していると、不審者側も声をかけにくいです。また、複数でいれば他の子どもに危険を知らせることがたやすいです。短時間であっても、一人で登下校をしないように工夫をすることが望まれます。声掛けに対して警戒心を持っているお子さんも多いですが、言葉巧みに近寄って来る不審者についていってしまうというケースも少なくありません。知らない人から声をかけられても決してついていかない、下校時も遊ぶ時もなるべく友達と一緒に行動すること、もし一人になった場合は、人通りが少ない道は通らないようにする、家の人に迎えに来てもらうなど、家庭でも防犯対策を考えておきましょう。

お子さんの安全のために確認しておきたいこと

塾や習い事などで帰宅が遅くなる時は、なるべく保護者の方が迎えに行きたいものですが、家庭の事情で必ずしもそれができるとは限りません。通学路も明るい時と暗くなってからでは人通りの数が大きく違う場合があります。帰宅するのに少し遠回りになっても、車道と歩道の区別がしっかりあり、明るく人通りの多い道を歩くように言いましょう。付近の子供110番の家やコンビニなど、危険を感じた時に助けが求められる場所をチェックしておくことも大切です。防犯ブザーを持たせている親御さんも多いですが、いざという時に電池切れで使えなくては何の意味もありません。定期的に、きちんと使えるかどうかを点検しておきましょう。駅やバス停などに迎えに行く時、安全に待てる待ち合わせ場所を親子で話し合いしておくと良いです。

JR東日本アプリでの通知を選ぶことも可能で、アプリでは履歴の管理もできるため便利な仕様となっています。 当社のサービスは今後はさらに、首都圏へ順次拡大を増やしていっております。 いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。 通学時の防犯は一流の警備会社にお任せしてみませんか